毛深い女子の悩みを解決する方法【毛深いのがコンプレックス】




「女子なのに毛深いなんて…」と女性であるにもかかわらず、毛深いのがコンプレックスになってしまっている方は意外にも多くいます。

毛深いと見た目の問題だけでなく、さまざまな精神的問題もあるため、実は身体的・精神的にもかなり辛い悩みの一つです。

 

毛深いことで悩んでいる方のなかには、遺伝だからもう一生この体と付き合っていかなければいけないと諦めている方もいるでしょう。

実際、今これを読んでいるあなたも毛深い悩みを解決したいと思っているはずです。

 

この記事では、「なぜ女子なのに毛深くなってしまうのか」といったことから「毛深い女子のお悩み解決方法」まで詳しくまとめていきます。

現在毛深いことに悩んでいる方はぜひチェックしてみてくださいね。



毛深いことがコンプレックス

さきほども述べたように、「毛が濃い女子なんて私くらいじゃないか」「私だけ毛深いなんて…」と悩んでしまっている方は多いです。

 

毛深いことによって周りからの目を気にしたり、実際に毛深いことに対して友達や彼氏から何か言われたりしてしまうと、自分だけ他の人と違うような気がして自尊心が欠けてしまい、深く悩んでしまうことも少なくありません。

 

ですが、悩んでいる方に知っておいてほしいことがあるのですが、毛深い女性は意外にもたくさんおり、女子で毛深いのはそれほど珍しいことではありません。

 

しかし、なぜ女子なのに毛深くなってしまうのでしょうか?

 

なぜ女子でも毛深くなるのか

女子なのに毛深くなってしまう原因としてはじめに考えられるのは遺伝です。

 

これは、親のどちらかが毛深い場合、遺伝の可能性が高いといえるでしょう。

また、親が毛深くなくても、祖父母のどちらかが毛深くて隔世遺伝をしている可能性もあります。

 

そしてさらに、毛深さは遺伝によるものでなくても、「男性ホルモン」によって毛深くなることもあります。

男性ホルモンは女性にはないと考えている方も多いかもしれませんが、女性にもしっかりと男性ホルモンは分泌されているのです。

 

女性の体内で男性ホルモンが女性ホルモンよりも多くなってしまうことにより、男性の毛深さが女性の体質に影響を与え、女性でも毛深くなってしまうことがよくあります。

 

男性ホルモンが増えてしまう原因としてはいくつかあり、以下の3つがよくある原因として知られています。

 

ストレスの蓄積

ストレスが蓄積されると、男性ホルモンの働きが活発になり女性ホルモンよりも多くなってしまいます。

 

男性ホルモンが原因によって、男性に生える特徴的な毛の部分である「ひげ」や「胸毛」などが濃くなってしまうこともあるのです。

 

加齢

人間は年を重ねるにつれホルモンのバランスも少しずつ変化していきますが、どんな女性も共通して、40代後半ごろになると女性ホルモンの分泌量が少なくなり、男性ホルモンの方が多くなります。

 

これにより、男性ホルモンの働きで毛深くなることもあります。

 

脂質不足

ダイエットなどをしている方は、脂質の不足が男性ホルモンの増加を促していることが多いです。

 

脂質をとらないでいると、次第に女性ホルモンの分泌量が減っていき、結果的に男性ホルモンの量は変わらなくても、男性ホルモンの方が割合的には多くなってしまうのです。

 

男性ホルモンの割合が多くなると毛が濃くなってしまうため、毛深いことに悩んでいるのであればダイエットで無理な食事制限をするのではなく、しっかりと脂質も摂りながら健康的な食生活を目指すようにするのがいいでしょう。

 

毛深い女子の悩み「あるある」

毛深い女子はさまざまな悩みを抱えています。 人によっては毛深いことでトラウマを抱えてしまう方も少なくありません。

 

ここからは、毛深い女子のリアルな悩みをいくつか紹介していきます。

 

異性に見られるのが恥ずかしい

お付き合いをしている男性がいる女性の方は特に、「彼氏に見られたくない」という悩みを抱えていることも少なくありません。

 

前もって分かっていて彼氏の家に遊びに行った日は、余裕があるため前日に念入りにムダ毛を処理をすることもできますが、急なお泊りではそうはいきませんよね。

 

彼氏の家やホテルにあるカミソリを使うのも少し気が引けてしまうという子も多く、普段毛深いのを隠しているために、彼氏に見られるのが恥ずかしいと感じる方も多いのです。

 

自分に自信が持てない

毛深いと女性としての魅力に欠けると考えている方が非常に多く、自分に自信が持てなくなってしまう方も少なくありません。

 

これは、女性は毛が薄いのが魅力的であるというイメージがついているのが原因であると考えられます。

ほかにも、毛深いことによっていじめにあってしまい、それがトラウマになってしまい自信が持てなくなってしまった方も多いです。

 

毛深いことは決しておかしなことではありませんが、やはり少数派であることから、周りからいじめの対象になってしまったりすることもあるのです。

 

水着やノースリーブなどを着られない

腕や背中などが毛深い女子は、水着はもちろんノースリーブなどを着ることも躊躇ってしまいます。

 

念入りに処理をすれば気にならない人もいますが、前日に処理したはずなのに、次の日にはもうすでに伸びてきてポツポツが目立ってしまうことも珍しくないのです。

 

人によっては、夏の楽しみであるファッションも満足に楽しめず、憂鬱な気分になってしまう方も少なくありません。

 

処理が大変

多くの毛深い女子に共通している悩みが、「処理が本当に大変」だということです。 一

 

般的な女子の処理ペースは3日か4日に一度で十分ですが、毛深い女子はすぐに毛が伸びてきてしまうため毎日処理をしなくては間に合いません。

 

これは身体的、精神的な負担が大きいのはもちろんのことですが、処理のために使用する道具も消耗が早いため金銭的な負担も大きくなります。

 

さらに、腕など処理しやすいところはまだマシですが、背中などが毛深い女性は上手く処理できず、処理する行為自体が大きなストレスにもなってしまうこともあります。



毛深い悩みを解決する方法

毛深い悩みは、処理が大変なことや自分に自信が持てなくなってしまうなど、さまざまなストレスのもととなります。

 

ここからは毛深い女子必見、毛深い悩みを解決できる方法を4つにまとめて紹介していきます。

 

この方法を実践すれば、今までに抱えてきたさまざまな悩みやストレス、コンプレックスから解放されるはずですので、毛深い悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

家庭用脱毛器

毛深い女子の悩みの一つである処理のストレスを軽減できるのが、家庭用脱毛器を使用する方法です。

 

家庭用脱毛器とは、家庭用に開発された脱毛器のことであり、脱毛サロンと比べると脱毛効果は劣りますが、最近の家庭用脱毛器は脱毛サロンとほとんど変わらない方法で脱毛できます。

 

サロンでの脱毛は予約しなければならないため不便ではありますが、家庭用脱毛器の場合は夜遅くまで仕事をしている方も、育児などで忙しくなかなか時間が取れない方でも時間にとらわれずいつでも自由な時間に脱毛できます。

 

また、毛深い女性の中には周囲の方に気づかれることなく脱毛したいと考える方も多いでしょう。

脱毛サロンに通う場合は人目が気になってしまいますが、家庭用脱毛器はその心配は一切無用で、周囲の人に知られることなく脱毛できます。

 

さらに、家庭用脱毛器を使い続けると徐々に毛が薄くなっていき、永久脱毛に近い状態にまで仕上げることもできるため、永久脱毛をしたいけど金銭的、時間的余裕があまりないという方にもおすすめです。

 

脱毛サロン

毛深い女性であれば、一度は脱毛サロンに通うことを考えたことがある方は多いのではないでしょうか。

 

脱毛サロンに通えば、プロの技術でしっかりと確実に脱毛してもらえるため、より確実に脱毛したいという方は家庭用脱毛器よりも脱毛サロンがおすすめです。

 

脱毛サロンは高額なイメージを持っている人も多いかもしれませんが、中には口コミが高評価でありながらも低価格でメニューを提供している大手サロンも多数ありますので、脱毛サロンに通う場合はしっかりと自分に合ったサロンを探してみましょう。

 

医療脱毛

医療脱毛は皮膚科医のいるクリニックや病院でのみ受けることのできる脱毛方法です。

 

家庭用脱毛器や脱毛サロンでは難しい部位も、医療脱毛であればしっかり医者の手で施術してもらえます。

 

医療脱毛では脱毛の際の痛みについて不安になる人も多いですが、最近は痛くないレーザー脱毛器を使っているクリニックも多く、希望すれば麻酔を受けることもできるため痛みの心配が少なくなっています。

 

さらに、医療脱毛ではただ脱毛ができるだけでなく、レーザー照射によって美肌効果が期待できるのもポイントです。

そして何より、永久脱毛の効果があるのがもっとも大きな魅力だといえるでしょう。

 

脱毛サロンと比べるとやや費用は高めになってしまいますが、効果の高さは断然医療脱毛の方が上ですので、 金銭的な余裕がある方は医療脱毛を試してみてもいいかもしれませんね。

 

カミソリでの自己処理

金銭的な余裕がない方ができるムダ毛処理法としては、カミソリでの自己処理があります。

カミソリは費用もそれほどかからず、一番簡単で多くの方が利用している方法です。

 

しかし、カミソリでの自己処理は処理頻度が高くなってしまい、それだけでなく、カミソリ負けによって肌が荒れてしまったりすることもあるため、あまりおすすめできる方法ではありません。

 

また、肌に毛が埋まる「埋没毛」にもつながってしまい、ムダ毛を処理しているのに肌がブツブツ黒く汚くなってしまうこともありますので、できるだけカミソリでの自己処理はしないようにしましょう。

 

【まとめ】毛深い悩みは自分次第で解決できる

毛深いことは精神的にも、身体的にもつらい悩みです。

 

特に女子であれば、周りの目や自尊心の低下などもあるためなおさらです。 「女子なのに毛深いなんて…」「なんで私だけ」と悩む方も多いのですが、女性でもホルモンのバランスが崩れてしまったり、ストレスが積み重なったり、年齢を重ねたりすることによって毛深くなってしまうことがあります。

 

毛深いことに対する解決方法はたくさんありますが、おすすめの方法としては「家庭用脱毛器」「脱毛サロン」「医療脱毛」による脱毛がいいでしょう。

 

選ぶ基準としては、金銭的な余裕があまりない方は家庭用脱毛器、自分では手の届かないところまでしっかり脱毛したい人は脱毛サロン、一生ムダ毛に悩みたくない人は医療脱毛の永久脱毛を選んでみましょう。

 

毛深い悩みは自分次第でいくらでも解決できるものなので、ほかの人よりも毛深いからといって諦めず、きちんと自分に合った方法でムダ毛を処理してみてくださいね。

 

おしまい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です