恋愛依存症の治し方【どうして恋愛に依存してしまうのか?】




おそらく、人生の中でもっとも楽しいものが「恋愛」だと思っている人は少なくないでしょう。

 

実際、恋愛には10代の若者から大人まで誰もがハマりこんでいます。

恋愛をしているときが一番幸せだと述べている人も多く、「好きな人がいるからこそ頑張れる」というように、恋愛をして恋人がいることにより、毎日がお花畑になる人も珍しくはありません。

 

しかし実のところ、多くの人が恋愛に抱いているイメージとは裏腹に、現実では恋愛で傷ついていたり、不安になったり、苦しんでいる人が大勢います。 

 

もちろん、恋人と一緒にいることで幸せを感じている人もいるでしょうし、恋愛の苦しさも含めて幸せだと感じている人もいるでしょう。

ですが、現実の多くの人たちは恋愛がうまくいかないことが多く、恋愛で幸せを感じるどころか恋人に依存してしまい、苦しんでいる人が多いです。

 

恋愛は決して幸せだけを提供してくれるものではありません。

 

この記事では、恋愛で苦しんでいる人に対し、自分が恋愛依存症なのかどうかをチェックする方法、恋愛依存を治す方法について解説していきます。



恋愛依存とは?

 

はじめにも述べたように、現実の恋愛は映画やドラマのようにうまくいくことはめったにありません。

どちらかというと、うまくいかない恋愛をしている人のほうが大多数です。

 

そして、恋愛がうまくいかない原因の一つに、「恋愛依存」があります。

 

恋愛依存とは、「仕事よりも恋愛」「生活の中心が恋愛」「恋人がいないと寂しくて仕方がない」といったように、恋愛が自分の人生の中心で、恋愛をしていなければ不安と寂しさで生きていけないような状態のことを指します。

 

恋愛すること自体は全然悪いことではありません。

しかし、恋愛にハマりすぎて「恋愛をしていないと寂しすぎる」という依存状態になってしまうのは良くありません。

 

恋愛依存症であることは、自分にも相手にもメリットは何一つないのです。

 

「好き」と「依存」は別物

たとえば、恋愛依存症で恋人に依存している人は、浮気されていないか常に不安になったり、嫌われたりしていないか悩んだりと、いつも恋人のことばかりを考えてしまいます。

 

「相手が自分から離れていかないか」ばかりを考え、つい自分の気持ちを抑えられず、相手を束縛したりSNSなどを監視したりするようにもなります。

 

そして相手も、そんなあなたのことを「重い」と感じるようになり、結果的に離れていってしまうケースがとても多いです。

 

仮に、自分は恋人に依存していないと思っていても、相手があなたの行動に対して「重い」と感じているのであれば、それは自分でも気づかないうちに依存してしまっているといえます。

 

さらに、依存されている恋人からしても、面と向かって相手に「重い」とは中々言いづらいため、依存している本人が「恋人に依存している」と気づきにくいです。

 

恋愛で恋人のことを大事に思うのは大切なことですが、「好き」と「依存」はまったくの別物であり、恋愛依存症の人は、恋人へ依存する可能性が非常に高くなっています。

 

恋愛依存症かどうかチェック

恋愛依存症は「恋愛が人生のすべて」「恋愛していないと寂しくて我慢できない」といった状態のことを指しますが、現実では自分が恋愛依存症であることに気づいていない人がとても多いです。

 

というのも、恋人に依存している状態では、自分が依存しているかどうかを考えることができないのです。恋愛依存体質の怖い点はここにあります。 

 

依存とは簡単にいってしまえば自己中心的な愛であり、自分を満たすことにとても必死です。

そして、自己中心的な人は冷静に自分と向き合うことができないため、自分で依存状態に気づくことができないのです。

 

そのため、自分が恋人に依存しているか知りたければ、恋愛依存体症なのかどうかをチェックする必要があります。

もし、恋愛依存症の特徴に当てはまっているのであれば、あなたは恋人に依存している可能性がかなり高いです。

 

以下では、恋愛依存体質かどうかをチェックする方法として、

  • 寂しがりや
  • 承認欲求が強い
  • 常にマイナス思考

の3つについて解説していきます。

自分は恋愛依存症なのかどうか気になる人は、自分と照らし合わせてチェックしてみてください。

 

寂しがりや

まず第一に、恋愛依存症の人に共通して見られる特徴が「寂しがりや」です。

実際、恋愛依存体質になる人は、寂しさを埋めるための手段として恋愛にハマる傾向があり、はじまりは「寂しい気持ちに耐えられない」といった感情にあります。

 

寂しがりやの人は、仕事をしていても、友達と遊んでいても、家にいるときでも、「自分は1人だ」と孤独感を感じてしまいます。

仲のいい友達からの連絡が少し遅いだけで「寂しい」と思ってしまうなど、常に「誰かといたい」「連絡をとっていたい」「繋がっていたい」と考えてしまうのが寂しがりやの特徴です。

 

人には誰しも承認欲求というものがあり、多少の寂しいと感じる程度なら問題はありませんが、常に「寂しい」「孤独」「自分は1人」などと考えている人は、誰かを求めたり自分の居場所をつくりたくて、恋愛に依存してしまうケースがとても多いです。

 

恋愛依存症の人が持つ寂しさは、普通の人が持つ寂びしさよりも強く、恋愛や恋人に依存する可能性が極めて高くなっています。

 

承認欲求が強い

恋愛依存症かどうかをチェックする二つ目のポイントは、「承認欲求が強い」かどうかです。

 

さきほど、人は誰しも承認欲求を持っていると言いましたが、実は承認欲求が強い人ほど恋愛依存症である可能性が高いです。

承認欲求とは「誰かに必要とされたい」「認められたい」と思う欲求のことであり、どんな人間でも例外なく承認欲求は持っています。

 

しかし、恋愛依存症である人は承認欲求が他人よりも強く、「必要とされない自分は生きてる意味がない」「どうすれば認めてくれるのか」ばかりを考えてしまい、愛情がほしいために恋愛相手を求めたり、恋人に依存してしまうことが多いのです。

 

必要以上に「誰かに認められたい」「必要とされたい」と思うことは、他人に人生をコントロールしてもらっている状態でとても危険です。

一度でも恋人や他人に依存してしまうと、どんどん相手にのめり込んでしまい、後には引けなくなってしまいます。

 

恋愛依存症かどうか気になる人は、いつも他人の目ばかりを気にしていないか、他人から認められたい、必要とされたいと思いすぎていないかどうかをチェックしてみましょう。

 

常にマイナス思考

恋愛依存症の人は、常にマイナス思考である人が多いです。

 

というのも、これは言い換えれば「暇な時間が多い」とも言うことができ、人間はやることがない暇な状態になると、無意識のうちにネガティブなことやマイナスのことばかりを考えてしまいます。

 

誰にでも経験があると思いますが、寝る前に布団に入ってあれこれ考えるときは、不安や悩みばかりが頭に浮かんでくるでしょう。

これも基本的には暇だから考えてしまうのであり、考える時間さえなければネガティブな感情やマイナス思考はあまり沸いてきません。

 

恋愛依存症の場合も同じで、必要以上に寂しさを感じてしまう暇な時間があるため、思考がだんだんとマイナスのほうへと傾いていき、結果として必要以上に恋愛を求めたり、恋愛が人生のすべてだと思い込んでしまうのです。

 

人間である以上、多少はマイナスなことを考えてしまうのは仕方ありませんが、マイナス思考やネガティブな感情の逃げ場として恋愛を求めると、気づけば重度の恋愛依存症になってしまいます。

 

依存状態の源泉はマイナス思考だといっても過言ではなく、恋愛をすればつらい気持ちから解放されると期待している人ほど、恋愛依存症になりがちです。



恋愛依存症の治し方

恋愛依存症とは、簡単にいえば自己中心的な愛情を求めている状態であり、恋愛に数多くの期待をしすぎている状態でもあります。

 

今ある不安や悩みを解決するために恋愛に走り、自分を満たすことだけを考えている自己中心的な愛情こそが、恋愛依存症になってしまう原因なのです。

 

しかし、恋愛依存症であったとしても、治す方法はあります。

恋愛依存症はあくまでも体質であり、体質は自分次第でいくらでも変えることができます。

 

以下では、恋愛依存体質を治す方法として、

  • 好きなこと・やりたいことを思いきりやる
  • 没頭する趣味を持つ
  • 自分自身を客観視する

の3つについて解説していきます。

恋愛依存症を治したい人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

好きなこと・やりたいことを思いきりやる

恋愛依存症の人は、大体が「恋愛以外に興味のあるものがない状態」になっています。

 

人生で恋愛にしか興味がなく、常に恋愛のことだけを考えている。

こうした状態のままでいれば、どんどん恋愛の深みにハマっていき、治すこともどんどん難しくなっていきます。

 

恋愛依存症を治すためためには、まずは恋愛以外の自分の好きなこと、やりたいことを思いっきりやってみるのがいいでしょう。 

 

たまに、「好きなことも、やりたいこともない」という人がいますが、それは「好きなこと」を見つけられていないだけであり、恋愛によって見えていない可能性が高いです。

 

たとえば、昔やって楽しかったことや、ハマっていたことなどに手を出してみる。

過去に「楽しい」「やりたい」と思っていたことを思いっきりやってみる。

 

恋愛依存体質のときは、まず何よりも恋愛から目を逸らさせることが大事です。

 

何度も言いますが、恋愛依存症の人は恋愛にしか目にいっていない状態です。

本気で治したいと思うのであれば、多少無理やりにでも自分の好きなことややりたいことだけを考え、一定期間それだけに集中して楽しむことが鍵となります。

 

恋愛のほかに心から楽しいと感じることを見つけられれば、恋愛依存症も少しずつ改善されていくはずです。

 

没頭する趣味を持つ

恋愛依存症を治す方法としては、「没頭する趣味を持つこと」も効果的です。

 

これはさきほどの、好きなこと、やりたいことをやると似ていますが、何か一つ深くハマれる趣味を持つことで、恋愛依存症から遠ざかることができます。

 

没頭する趣味を持つことは、簡単にいえば、依存の対象を恋愛から趣味に変えるということです。

 

恋愛依存症の人は恋愛に没頭してしまっています。

いつまでも恋愛にしか没頭していない状態だと、当たり前ですが恋愛依存体質を治すことはできません。

 

音楽でも映画でもゲームでも何か一つ趣味を持ち、それに没頭してハマってしまえば、恋愛のことを考える時間も自然と減っていくでしょう。

 

さらに、趣味は自分の実力次第でうまくできるため、異性の気分に振り回されがちな恋愛よりも楽しさを感じやすいです。

 

結局のところ、恋愛依存症の人は恋愛にしか目がいかず、恋愛しか楽しいことがないからこそ恋愛依存症になってしまうのです。 

 

楽しいと思うことを恋愛以外に持てば、人生で恋愛はそこまで重要ではないことに気づくでしょう。

そうして恋愛至上主義から抜け出すことが、恋愛依存症を治すことにもつながっていくのです。

 

自分自身を客観視する

恋愛依存症を治す方法の最後は、「自分自身を客観視する」ことです。

 

さきほどまでの、好きなことややりたいこと、没頭する趣味を持つことは、恋愛から興味の対象を移して依存体質を改善をするために効果的です。

 

しかし、人によってはどうしてもや、りたいことも好きなことも趣味も見つからないという人もいるでしょう。

そういう場合は、自分自身を客観視するのがおすすめです。

 

自分自身を客観視するとは、「どうして寂しいのか」「どうして孤独を感じるのか」「なぜ恋愛ばかり求めてしまうのか」について、冷静かつ客観的に自分に問いかけることです。

 

自分の嫌な感情、ネガティブな気持ちと向き合うのは大変なことですが、自分自身を客観視することは、恋愛に人生を支配されないためにも必要なことです。

 

また、自分を客観視する方法としては「読書」もおすすめであり、本を読むことで自分以外のたくさんの人の考えに触れ、今自分が見ている世界を広げることができます。

 

自分が見ている世界が広がれば、恋愛ばかりにのめり込み、恋愛依存症になっていることがどれほど意味のないことかを理解できるでしょう。

 

恋愛依存症を治すには、最終的には自分自身と向き合うことが必要になるのです。

 

【まとめ】恋愛依存症を克服する

この記事では、自分が恋愛依存症なのかどうかをチェックする方法、恋愛依存を治す方法について解説してきました。

 

恋愛依存症の人は、実際に自分が恋愛依存症であることに気づいていない人がほとんどです。

 

恋愛のことだけを考えていると、周りや自分のことを客観的に見ることができず、自分の欲求を満たすことだけを求めてしまいます。

その結果、恋愛していなければ自分には価値がないと思い込んでしまいます。これが恋愛依存体質の根本的な原因です。

 

恋愛は本来、人生を豊かにしてくれるものですが、現実では恋愛で苦しんでいる人のほうが多いのが事実です。

恋愛をしていないと寂しくて我慢できず、恋人ができたとしても常に不安で仕事も何も手がつかなくなる。

 

こうした恋愛依存症は、恋愛によって人生をめちゃくちゃにしてしまいます。

 

いつも恋愛のことばかり考えてしまう人は、まずは自分が恋愛依存症なのかをチェックし、自分が恋愛依存体質であることをしっかりと認識した上で、少しずつ治すように心掛けてみましょう

 








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です