スタイルを良くする4つの方法【女性らしい体をつくる】




突然ですが、あなたは本気でスタイルが良くなりたいと思っていませんか?

 

スタイルが良くなりたいという悩みは、10代~20代の女性だけでなく、30代や40代の女性であっても抱える悩みであり、女性であればいつでも「スタイルが良くなりたい」という願望を抱えているでしょう。

可愛くなりたい、綺麗になりたい、美人になりたいという思いが女性からなくなることはないように、自分の体を美しく、スタイルを良くしたいと思う女性がいなくなることはありません。

 

最近ではジムに通ったり、パーソナルトレーニングをする女性もかなり増えてきており、自分の体と真剣に向き合う人は多いです。

お腹周りの脂肪をどうにかしたいと思う人もいれば、足を細くしたいと思う人もいます。お尻を上げてセクシーになりたいと思う人もいれば、二の腕やウエストを細くしたいという人もいます。

 

人それぞれ望むことは違いますが、根本にある「スタイルが良くなりたい」という気持ちは誰もが一緒です。

 

しかし、スタイルが良くなりたいと思っても現実に行動を起こし、目的を達成できる女性はおどろくほど少なくなってます。

 

ダイエットと同じく、スタイルを良くするための努力や方法も、途中で挫折してしまう人が大勢おり、ほとんどの人が諦めてしまうのが事実です。

 

そこでこの記事では、スタイルを良くしたいと思っている人に対し、

  • スタイルの良さにとは何か?
  • 女性らしい体とは何か?
  • スタイルを良くする方法

について解説していきます。

本気でスタイルを良くしたいと思っている人は、ぜひ最後まで読んでみてください。



スタイルを良くしたい

はじめにも述べたように、女性であれば誰しも一度はスタイルを良くしたいと思ったことがあるでしょう。

特に腕や足、お腹といった部分についた脂肪をなくしたいと思っている女性はかなり多く、この三箇所はおそらく大多数の女性が脂肪を落として細くしたいと思っている部分です。

 

しかし、スタイルを良くしたいと思ったときに真っ先に考えるべきは、「脂肪の落とし方」よりも「スタイルの良さとは何か?」ということです。

 

もちろんスタイルの良さが何を表しているのかは人それぞれ違います。

胸が大きい人のことをスタイルが良いと思う人もいれば、ウエストの細さをスタイルの良さと結びつける人もいます。

丸くて上がっているお尻だったり、足の細さが自分にとってスタイルの良さだと思っている人もいます。

 

自分にとってのスタイルの良さとは何を表しているのか。

スタイルを良くしたいと思ったときに考えるべきことは、まずはこの点です。

 

スタイルの良さとは何か?

一般的な「スタイルの良さ」とは、無駄な脂肪がついていなく、体のラインが綺麗な状態のことを表しているでしょう。

特に腹筋に縦線が入っていたり、お尻が上がっている状態などはスタイルの良さの典型例だといえます。もちろん足の細さは言うまでもありません。

 

しかし、ただ漠然とスタイルが良くなりたいと思ったとしても、自分にとってのスタイルの良さが定義されていなければ、いくらスタイルが良くなりたいと思ったところで実際にスタイルを良くすることはできません。

 

なぜなら、スタイルを良くするためにするべきことがハッキリしないからです。

 

スタイルを良くする方法は世の中にたくさん出回っていますが、そのほとんどが意味をなさないのは、実践する人が自分にとってのスタイルの良さを定義できていないのが原因です。

 

つまり、ただ漠然と「スタイルが良くなりたい」と思いながら惰性で取り組んでいる人が多いということですね。

 

ウエストを細くする方法とお尻の形を良くする方法は違います。また、足を細くする方法と腹筋に縦線を入れる方法も違います。

 

「スタイル」という言葉には多くの意味が込められており、自分にとってスタイルの良さとは何を表しているのかをしっかりと理解していなければ、目的と方法に食い違いが発生し、一生懸命努力したとしてもスタイルを良くすることはできません。

 

スタイルを良くする=女性らしい体をつくる

スタイルを良くしようと思ったときに「女性らしい体」を求める人は多いです。

女性らしい体の定義も人それぞれ異なっていますが、一般的には胸が大きくて腹筋が締まっており、お尻が上がっていて足が細い状態が女性らしい体だと思っている人が大多数でしょう。

 

しかし、上述したような体つきをしている女性は現実にはほとんどいなく、そのような女性らしい体を作るにはかなりの努力と時間が必要なのが事実です。

 

ですが、一度にすべての部分を女性らしくすることは不可能でも、一つ一つの部分を少しずつ女性らしい体にしていくことは可能です。

もちろん全体的にある程度鍛えたり引き締めたりすることもできますが、、スタイルを良くしようと頑張りすぎるために、燃え尽き症候群になって挫折してしまうのであまりおすすめではありません。

 

女性らしい体を作りたいのであれば、少しずつ時間をかけて作っていくのが理想的であり、スタイルを良くしたいと思ったときも、1ヶ月程度でパパッとスタイルを良くしようとするのではなく、しっかりと自分にとってのスタイルの良さを定義し、目的に適した方法をコツコツ積み重ねていくことが大事になります。 

 

女性らしい体を作ったりスタイルを良くするにはそこまで特別なことは必要ではなく、もっとも大事なのは生活習慣であるライフスタイルであることを頭に入れておきましょう。



女性らしくスタイルを良くする4つの方法

何度もいうように、多くの女性はスタイルを良くしたいと思っても途中で挫折してしまう人がほとんどで、実際にスタイルを良くしたり、女性らしい体をつくることに成功する人はかなり少ないのが現実です。

 

芸能人やアイドルといった人たちは、一般人よりも自分の体に対する意識が高いため、ダイエットに成功したりスタイルを良くして女性らしい体を作っている人も多いですが、一般人である女性はカメラマンに撮影されることもないし、テレビに出ることもないし、水着や薄着で雑誌に載ることもありません。

 

そのため、芸能人が「スタイルを良くしたい」と思う気持ちと、一般人の女性の気持ちの強さには大きな差があります。

 

それが結果として、芸能人にスタイルが良い女性が多く、一般女性が中々スタイルを良くすることができない理由でもあります。

 

ですが、スタイルを良くする方法は芸能人であれ一般人であれほとんど同じです。

誰であろうと継続してコツコツ積み重ねることができれば、誰でも女性らしい体を作ることもスタイルを良くすることもできます。

 

以下では、本気でスタイルを良くしたい、女性らしい体を作りたいという人に対して、

  • 食生活を改善する
  • 姿勢を良くする
  • 筋トレをする
  • パーソナルジムに通う

というを4つの方法を紹介していきます。

それぞれの方法は誰でも簡単に実践できるものなので、スタイルを良くしたいと本気で思っている人はぜひ参考にしてみてください。

 

食生活を改善する

スタイルを良くしようと思ったときに、まず真っ先に改善すべき点は「食生活」だといえます。

食生活は体に与える影響としてはもっとも重要なものであり、食生活に気を配ることなしにスタイルを良くすることはできないでしょう。

 

食生活を改善する上で大事なのは「食べる量」ではなく、「食べる物」と「食べる時間」です。

 

よく、痩せたりダイエットしたりするために、「食事制限」として食べる量を思いっきり減らす人がいますが、それはダイエットに逆効果であり、スタイルを良くしたいならしてはいけないことです。

食べる量を減らしてしまえば、体は代謝を制限することでエネルギーの消耗に対処し、少ない栄養からでも体が動くように自然と調整していきます。

 

しかし、これは代謝が悪くなることでカロリーがうまく消費されず、さらに運動量の低下という現象も引き起こしてしまうため、スタイルを良くしようと思っているときには逆効果になってしまうのです。

 

スタイルを良くしたいのであれば、食事の量を減らすのではなく、食べる物と食べる時間に気を配らなければなりません。

 

食べる物としては、インスリンを過剰に分泌させる砂糖などの甘いものを控え、食物繊維が含まれていない炭水化物をできるだけ避けましょう。

たとえば、白米よりも玄米を食べるようにしたり、甘いものが食べたいときは果物に置き換えるのがおすすめです。

食べる時間は一日の中に16時間の空腹の時間、つまり、プチ断食の時間をつくるのが効果的です。

具体的には、前日の夜19時によるご飯を食べたのであれば、次の日の11時までは固形物を口にしないようにしましょう。

 

こうしたプチ断食の時間をつくることで、食べたものが無駄な脂肪として吸収されることなく、代謝としてカロリーがうまく消費されていき、自然とスタイルが整っていきます。

 

スタイルを良くするためにわざわざキツイ食事制限は必要なく、食べる物と食べる時間を気をつけるだけで十分なのです。

 

姿勢を良くする

スタイルを良くすることは、一般的には筋肉をつけたり、二の腕や足、お腹周りの脂肪を落としたりすることだと思われています。

ですが、スタイルの良さというのは「普段の姿勢を良くする」だけでも、実際にスタイルが良くなっていくものです。

 

姿勢というのはとても重要なポイントであり、普段の姿勢が悪いだけで呼吸が浅くなって消化が悪くなり、代謝やそのほかの身体機能も著しく低下してしまいます。

 

身体機能の低下は、脂肪の燃焼過程にも関連してきます。

姿勢が悪いことにより体内のホルモンバランスが乱れてしまえば、スタイルだけでなく肌荒れなどの症状も引き起こしてしまい、スタイルを良くして綺麗になりたい女性にとっては悪夢です。

 

また、猫背は背骨や腰に多大な負担をかけ、正しい姿勢を維持する力を低下させていき、それがまたスタイルの悪さにもつながっていきます。

 

スタイルの良さというのは何も脂肪や筋肉といった目に見える部分だけで判断するものではなく、体の内面の状態、インナーマッスルや体幹の状態によって内面から作り出されるものです。

姿勢の悪さはさまざまな悪影響を体に与え、内面から外面のスタイルの悪さを作り出してしまいます。

 

そのため、普段から姿勢を良くしておくことは、スタイルを良くするためにも必要なことであり、特に猫背は必ず治すことが大事です。

 

姿勢の悪さや猫背を改善するには、立っているときはみぞおちを意識しつつ、重心をかかとの真ん中あたりに乗せ、一直線に立つのを意識することで改善できます。

座っているときは、お尻の下側の尾てい骨を立てて座ることで、自然と背筋が伸びて楽な姿勢を維持でき、周りから見ても姿勢が正しく見える姿に落ち着いていきます。

 

さらに、立っているときや座っているときでも呼吸を深くするように意識すれば、自然と胸が張り、姿勢が整うのが実感できるはずです。

 

姿勢の悪さは一度クセになると改善することが難しいので、スタイルを良くしたいと思っているのにも関わらず、普段の姿勢が猫背だったりする場合は、脂肪や筋肉をつけるよりも先に普段の姿勢を正してみましょう。

 

筋トレをする

食生活と姿勢を良くすることを意識した後は、実際に外面からスタイルを良くすることにアプローチしていきましょう。

 

ご存知のとおり、スタイルを良くし、女性らしい体を作るにはある程度筋肉をつける必要があり、そのためには筋トレは避けられません。

とはいっても、筋トレというイメージから想像する長時間なハードなトレーニングは必要なく、スタイルを良くしたり女性らしい体を作るだけなら、「HIIT」という1日5分程度の短時間トレーニングをするだけで十分です。

 

  HIITというのは「高強度インターバルトレーニング」と呼ばれており、具体的には、20秒間ハードに動き、10秒間休むを8回~10回繰り返すトレーニングのことです。

 

HIITは短時間に負荷の高いトレーニングをすることで、体内のグルコースを大きく消費させ、脂肪の燃焼効果を極限まで高めてくれます。

筋トレの一般的なイメージである、キツイ長時間トレーニングとは異なったものです。

 

筋肉をガッツリつけたいという目的なのであれば、それなりにハードなトレーニングを長時間する必要がありますが、スタイルと良くするという目的なのであれば、HIITを週2~3日、できるなら週5日やるだけで十分女性らしい体を作ることができます。

 

HIITの魅力はなんといっても5分前後で終わることであり、時間がない人でも毎日継続してできる点です。

 

おそらく、スタイルを良くしようとする人は、まずはじめにランニングをはじめることを考えるでしょうが、ランニングは脂肪燃焼効果としてはHIITに劣ります。

持久力をつける点ではランニングは効果的かもしれませんが、女性らしい体を作るという目的からすればHIITのほうが圧倒的に効果的なのです。

 

HIITのメニューは数多くありますが、スタイルを良くする部分によって多少やり方を変えながらやるのがおすすめです。

以下にいくつかのパターンのHIITをまとめておくので、ぜひ参考にしてください。

 

■お尻と足におすすめのHIIT

 

■全身におすすめのHIIT

 

■お腹痩せにおすすめのHIIT

 

スタイルを良くするには筋トレは欠かせませんが、それには長時間のハードなトレーニングやめんどくさいランニングは必要なく、短時間のハードトレーニングとインターバル(休憩)を組み合わせた「HIIT」が、もっとも効果的にあなたのスタイルを整えてくれます。

 

パーソナルジムに通う

ここまでは、「食生活」と「姿勢」と「筋トレ」によってスタイルを良くする方法について述べてきました。

しかし、現実的に考えて上記の三つをしっかりと実践できる人はほとんどいないでしょう。

 

ダイエットや筋トレに挫折する人の数を考えてみればわかるように、多くの人たちは痩せるためにダイエットをしたり筋トレをしようとしますが、3ヶ月後に生き残っているほど継続力がある人はほんの一握りです。

 

そのため、スタイルを良くする方法を知ったところで、実際にスタイルが良くなる人はほとんどいません。

ですが、それは自分一人の力だけでやろうとした場合であり、専門のパーソナルトレーナーにサポートしてもらうことで成功率を格段に高めることができます。

 

パーソナルトレーナーのサポートは、パーソナルジムに通うことで受けられ、近年は健康意識がどんどん高まってきているため、最近はパーソナルトレーナーやジムの数がかなり増えています。

 

パーソナルジムでは食事のサポートやトレーニングの内容といった部分はもちろんのこと、姿勢の改善からダイエットまで幅広くサポートしてくれるため、自分一人の力でスタイルを良くしようと努力するよりも挫折することが圧倒的に少ないです。 

 

また、ジムによっては全額返金保証などのシステムがあるため、料金は普通のスポーツジムより多少高いかもしれませんが、自分で適当に選んだジムに何ヶ月も月会費を支払うよりも、長期的な視点で考えれば、パーソナルジムに通うほうが最終的な結果もコスパも良いといえるでしょう。

 

ですが、健康志向の人が増えてパーソナルジムの数が増えるということは、大した実績のないトレーナーやジムも増えるということであり、高い料金を払ってまったく結果が得られないというケースも珍しくはありません。

 

パーソナルジムに通うときは「知名度」や「口コミ」、「実績」や「システム」といった観点からきちんとジムを見極め、決して適当に選ばないようにすることが大事です。

 

【まとめ】スタイルを良くするには努力が必要不可欠

この記事では、

  • スタイルの良さにとは何か?
  • 女性らしい体とは何か?
  • スタイルを良くする方法

について解説してきました。

 

女性は男性よりも美意識が高いこともあり、常に可愛くなろうと努力し、綺麗になるために美容やスキンケアに気を配り、スタイルを良くしたり女性らしい体を作るためにダイエットや筋トレをはじめたりします。

 

そうした高い美意識を持っている女性はたくさんいますが、しっかりと長期間継続しながら実践できる女性は少ないです。

特にダイエットや筋トレではその傾向が顕著です。

 

スタイルを良くするためには多少キツイ思いをしなければならないのが事実であり、めんどくさいことにも気を配ったりしなければなりません。

本気でスタイルを良くしたいと思うのであれば、食生活や普段の姿勢に気を配り、筋トレの習慣などをしっかりと実践する必要があるのです。

 

ここではスタイルを良くする方法を4つにまとめて紹介してきましたが、最終的に大事なのは自分の行動であることを理解し、自分に合った無理のない方法で努力を継続してみてくださいね。

 

おしまい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です