【プチ断食で健康体へ】16時間のプチ断食から得られる4つの効果。




現代では健康になるためには「規則正しい食生活」と「運動」が何よりも大事だといわれているが、現実では健康的な食生活を送っている人がいとも簡単に病気にかかっている事実はあまり知られていない。というよりも、見ないふりをしていると言ったほうが正しいかもしれない。

多くの人はきちんと規則正しく朝・昼・晩の1日3食食べ、定期的に運動していれば健康になれると誰もが思い込んでいる。つまり、「食べる⇒健康」という流れだ。しかし、実際には1日3食は食べすぎであり、定期的に運動をしていても決して健康にはなれないのが事実である。

 

人が健康になるために必要なのは、規則正しく栄養を取ったり、1日3食しっかり食べたり、定期的に運動することではない。現代人の健康に必要なのは食べない時間をつくる「断食」である。つまり、正しくは「食べない⇒健康」という流れなのだ。

ここでは、近年注目されている16時間断食の効果とやり方について詳しくまとめていく。プチ断食や健康に興味がある人はぜひ目を通してみてほしい。



16時間のプチ断食

最近は特に「断食」という食生活が流行りはじめている。芸能人も16時間のプチ断食を実践し、その健康効果について述べたりしている場面がよく見られるが、実際「断食」は現代人の多くの人にとってとてもメリットが高いものだ。

16時間のプチ断食というのは、その名前のとおり「16時間なにも食べない時間をつくる」断食法のことであり、より具体的に言うと、「最後に固形物を食べてから16時間固形物を口にしないこと」である。

 

詳しいやり方については後述していくが、現代は昔と比べてはるかに豊かになった時代であるものの、食生活については乱れすぎで自ら病気にかかっている人も多い。はじめにも述べたように、実際、現代人にとっては1日3食は食べすぎであり、食べすぎにより数多くの病気が引き起こされているとも言われているのだ。

そうした中で、食べすぎを防ぐ方法として最近では断食が注目されはじめ、16時間のプチ断食こそが健康への近道であるとも言われている。

 

断食は痩せない?

多くの人は「断食」と聞くと、どうしても「キツイ」「つらい」「苦しい」といったイメージを思い浮かべるだろう。人間にとって食欲は三大欲求の一つでもあり、食欲を抑えることの難しさは誰もが実感しているはずだ。

しかし、ここで述べているのは丸一日中なにも食べないだとか、何日も食べない生活をするというものではない。ただ16時間なにも食べない時間をつくるだけであり、断食といってもかなり緩い方法となっている。

 

おそらく断食に興味を持っている人の多くは、断食によって「痩せる」「ダイエット」「健康になる」といった効果を期待しているはずだ。もちろん、断食はカロリーの摂取が抑えられるため、好きなときに好きなものを食べる生活よりも格段に痩せるだろうしダイエット効果もある。

だがその一方で、よく「断食は痩せない」といった声を聞くことがある。「断食は一時的にカロリー摂取を抑えて体重が減るだけであり、断食をやめた後にはほぼ確実に食べ過ぎによるリバウンドが起こる」といった主張だ。

 

もちろん、断食にはそうしたリスクがあるのも事実だが、何度もいうようにここで述べているのは「16時間のプチ断食」である。一日中食べない断食などでは食欲が暴走して暴飲暴食をする危険性があるが、16時間のプチ断食ではそこまでの食欲の暴走は起きない。

さらに、16時間断食は一定期間やれば終わりというものではなく、慣れればまったく意識することなく実践できる食生活なため、継続的に続けることができる。そのため、断食によるリバウンドが起こることは考えにくく、しっかりと痩せたりダイエット効果を感じることができる。

 

断食の効果が出る期間は?

断食をおこなう上で必ずしも聞かれるのが、「どのくらいの期間やればいいのか?」といった質問だ。しかし、さきほど述べたように、16時間のプチ断食には基本的に終わりはない。数日なにも食べない断食などは数日後に必ず終わりがあるが、16時間のプチ断食はずっと継続していくことができる食生活だ。

なので、「どのくらいの期間やればいいのか?」といった質問に対しては、「できるときは毎日」が正解だといえる。

 

また、「実際に断食の効果が出る期間はどのくらいなのか?」といった質問もよく聞く。これに関しては、一人ひとりの体質や体型、代謝や求めている効果によって大きく変わるため一概にはいえないが、痩せることを目的としていたりダイエット効果を期待しているのであれば、代謝が良い人なら1週間前後、遅い人でも2週間~1ヶ月程度の期間があれば体重や体型の変化に気がつくだろう。

健康的な効果を期待しているのであれば、人間の血液は大体4ヶ月をメドに新しくなっているため、内面的な健康効果に関しては4ヶ月~半年程度の期間で少しずつ効果を実感できるだろう。



16時間断食のやり方

16時間のプチ断食のやり方としては、基本的には以下の3つのポイントを意識するのがいいだろう。

  • 最後に固形物を口にしてから16時間食べない
  • 14~15時時間のときに軽い運動をする
  • 水をたくさん飲むようにする
  • 断食明けは異に優しいもの

それぞれ詳しく見ていこう。

 

最後に固形物を口にしてから16時間食べない

16時間のプチ断食の基本は、最後に固形物を口にしてから16時間なにも食べないことである。次に固形物or食事をするのは16時間を経過してからだ。たとえば、夕食を19時に食べたとすれば、次の日の11時までは食べ物は一切口にしないという感じだ。

もちろん、断食に当てる時間は夕食から次の日の食事まででなければいけないわけではなく、自分の生活の中で「16時間なにも食べない時間」をつくれる時間帯であればいつでも問題はない。

 

14~15時時間のときに軽い運動をする

16時間断食の間の、14時間~15時間のときに軽い運動をするのは痩せるためやダイエットを目的としている人に対して特に効果的な方法だ。というのも、プチ断食が終わり食事を口にする前に軽く体を動かして代謝を良くのは、断食明けの食事の代謝を促し、食べすぎを防いだり脂肪へと吸収されるのを防ぐ働きがある。

さらに、空腹の状態での運動は脂肪をエネルギー源として燃やすため、体内に栄養がある状態のときよりも脂肪燃焼効果が高くなるのだ。そのため、空腹のときこそ軽く運動をして汗を流すのがベストであり、お腹周りの脂肪を落としたい人はプチ断食と運動の組み合わせがより効果的だといえるだろう。

 

ちなみに、運動はあくまでも軽くで留めておくようにし、全速力で走ったり激しく筋トレやスポーツをするのはあまりおすすめしない。空腹のときは散歩やジョギングなどをするようにしよう。

 

水をたくさん飲むようにする

16時間のプチ断食とはいっても、今まで1日3食きちんと食べていたり、いつも間食をしていた人などは中々つらかったりもするだろう。実際、16時間のプチ断食は慣れれば特に空腹を感じることなく実践できる食生活ではあるが、はじめて断食する人は食欲に負けてしまうことも少なくない。

しかし、断食の最中には固形物さえ口にしなければ問題はないため、空腹を感じたり食欲に負けそうになったときは水をたくさん飲むのがおすすめだ。特に断食中は口が寂しくてつい何かを食べたくなるだろうが、そうしたときこそ水を飲むことで食欲を抑えることができる。

 

とはいっても、断食中に飲んでもいいのは水かブラックコーヒーぐらいであり、お酒や甘いジュース、砂糖がたっぷり入ったスタバのカフェラテなどはNGだ。ダイエット効果を期待している人は、白湯などを飲むことでも脂肪燃焼効果を高めることができる。

また、どうしても水で誤魔化せられない人は酵素ドリンクを飲むのがおすすめであり、酵素ドリンクと断食は非常に相性が良く、最近は多くの芸能人も愛用している。断食におすすめの酵素ドリンクとしては「優光泉」が特に人気となっているのでこちらもぜひ参考にしてみてほしい。

↓■詳細はコチラ↓

断食明けは異に優しいもの

16時間のプチ断食は、前提として24時間のうちの16時間を断食しているので、食べ物を口にする時間は8時間しかない。よほどの大食いの人でもなければ、8時間の間で食べられる食事の量は決まっているため、基本的には16時間の断食をおこなっていればブクブク太ることはない。

しかし、断食明けに食べる食事についてはちょっとばかし注意が必要である。断食明けからいきなり脂っこい食べ物を食べたりお菓子や甘いものを胃に放り込んだりすれば、気持ち悪くなったり胸やけを起こしてしまうことが少なくない。
断食明けの食べ物はなるべく胃に優しいもの、消化がいいものを選ぶのがおすすめだ。

 

16時間断食から得られる4つの効果

ここまでは16時間断食のやり方についてまとめてきたが、では実際、16時間断食にはいったいどういった効果があるのだろうか。何度も述べていることも含まれているが、16時間断食には具体的に以下のような効果がある。

  • 痩せる・ダイエット効果
  • 腸内環境の改善
  • 疲労の軽減
  • 血流が良くなる

やり方と同じように、以下でそれぞれ詳しく見ていこう。

 

痩せる・ダイエット効果

体重の減少やダイエットとしての効果は、断食に興味がある人の半数以上が期待している効果でもある。痩せたいがために断食を実践しようと考える人は多く、「食べなければ痩せる」と考えるのは至極当然のことでもある。

しかし、厳しすぎる断食は痩せるためには逆効果であることが多く、それははじめのほうでも述べたように、断食が終わってから食欲が暴走して暴飲暴食してしまうことが多いからだ。

 

人間は欲求を押さえつけられルほど、タガが外れたときに暴走しやすくなっている。だが、16時間のプチ断食はそこまで食欲を押さえつけたりはしないため、リバウンドや暴飲暴食をすることはほぼない。

おそらく、食生活の中でも16時間断食ほど痩せる・ダイエットとしての効果が高い方法はないといえるだろう。

 

腸内環境の改善

16時間断食では食べる量が少なくなるため、今まで好き勝手食べて荒れていた腸内環境が正常に戻っていく。腸内環境が乱れたり悪化したりする原因は食生活がすべてであり、現代人においては1日3食+間食+お酒などの組み合わせが腸内環境を悪化させている。

よくお腹が痛くなったり便秘や下痢をしたりする人、なんだか体調が優れないといった人の多くは腸内環境が乱れていると考えていいだろう。

 

腸内環境が改善されれば自然とお腹の調子も良くなり、さらには気分が良くなったり体の疲労といった部分にまで効果がある。最近では腸と脳には密接なつながりがあるとも言われているため、できる限り腸内環境は整えておきたいところである。

 

疲労の軽減

16時間断食には消化器官を休ませるという目的がある。もちろん、個人の目的は痩せたりダイエットしたり健康を目指したりなど色々あるだろうが、医者や専門家といった人たちが16時間プチ断食をよく薦めるのは、断食により疲れきっている現代人の消化器官を休ませることができるからだ。

実際、人間が食べ物を口にしてから完全に消化されるまでは16時間~18時間かかるといわれており、多くの人たちは消化が完全に終わる前に新たな食べ物を胃に放り込んでいる。これでは胃や腸などの消化器官が休まる時間がほとんどない。

 

さらに、そうした消化器官の疲労は肉的的な疲労を引き起こし、現代人は仕事やプライベートよりも食べすぎにより疲労しているともいえるだろう。私たちが思っているよりも、食べることは体に負担がかかるものなのだ、一説によれば、1日3食消化するためのエネルギーは42.195kmのマラソンと同じだという。

16時間のプチ断食は、日頃疲れている消化器官を休ませることにより、疲労の軽減という肉体的な効果をもたらしてくれるのだ。

 

血流が良くなる

さきほども述べたように、16時間断食では腸内環境と消化器官の働きが正常に戻っていく。それにより血液の流れが良くなるという効果も断食から得ることができる。血流は人間にとって非常に大事なものであり、血流が悪いと冷え性やら代謝が悪くなって太りやすくなるなどのデメリットが生じる。

断食により内面的な体の状態が少しずつ改善されていくことで、血流が良くなり体への健康効果もさらに倍増されていく。断食の効果は副次的に続いていくものなのである。

 

もちろん、血流が良くなると代謝も良くなるので、痩せたりダイエットなどの脂肪燃焼効果なども高めることができる。

 

【まとめ】16時間のプチ断食で内面から健康へ

ここでは16時間プチ断食のやり方や効果について詳しくまとめてきた。現代では、医者や専門家がいったことは問答無用に正しいと思われがちであり、彼らが促す健康法や食事法が本当に効果的なのかどうかを深く考える人はめったにいない。

その結果、誰もがテレビなどの「1日3食食べて健康に」といった言葉に騙されしまうのだ。とにかく栄養があるものを食べれば健康になれると思い込んでしまうように。

 

はじめにも述べたように、現代人はいつでも好きなものを食べられる恵まれた環境にいるが、食生活を考えずして健康な体になることはできない。誰だって将来病院のベッドで上で寝込みたくはないだろう。

16時間のプチ断食は人間の体を内側から蘇らせ、見た目だけでなく本当の健康体へと導いてくれる。ここでまとめているやり方は誰でも簡単に実践できるものなので、自分の体を気遣ったり健康になりたいという人、痩せたい・ダイエットしたいといった人たちもぜひ一度実践してみてほしい。

 

おしまい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です