自分に合った「やりがいのある仕事」の見つけ方。




よく、友人や知り合いなどから、「もっとやりがいのある仕事がしたい」という言葉を聞くことがある。現代には昔にはなかった仕事も数多く生まれ、ブログやアフィリエイトで稼いだり、プロゲーマーやYouTuberという働き方をする人も増えてきている。

実際、仕事に対する悩みは現代人だけに限った話ではなく、昔から多くの人たちの悩みでもあった。「このまま変わり映えしない毎日のままでいいのか」「もっと自分のやりたい仕事を見つけたほうがいいのではないか」といった悩みはすべての人に当てはまるものでもある。

 

しかし肝心なこととして、多くの人たちは「やりがいのある仕事がしたい」と思う一方で、何がやりがいのある仕事なのかを理解していない。もっと言えば、自分にとってやりがいのある仕事がわかっていないのだ。

ここでは、やりがいのある仕事の見つけ方についてまとめていく。



やりがいのある仕事とは何か

さきほども述べたように、多くの人たちは「やりがいのある仕事がしたい」と思っているのにも関わらず、自分にとって何がやりがいのある仕事なのかがわかっていない。

仕事は必ずしもやりがいのある仕事にしなければならないというわけではないが、仕事をする目的がお金だけになってしまうと、だんだん仕事自体がつらく苦痛なものとなり、何のために仕事をしているのかすらわからなくなるだろう。

 

人は自分の正直な気持ちに噓をつくことはできず、やりがいの感じない仕事をしていればメンタルは疲弊して疲れきってしまうのだ。よく仕事はお金を稼ぐためにするもの、生活のためにするものといわれているが、現代ではお金のために働くと嫌気が差すのが事実である。

しかし、それは「仕事そのもの」に嫌気が差しているのではなく、「仕事内容」に嫌気が差しているに過ぎない。つまり、自分にとってやりがいのない仕事をしていることが原因である。もちろん、やりがいのある仕事は人それぞれ異なっており、個人の性格や価値観といった部分にも大きく影響されるものだが、やりがいのない仕事は仕事自体をつまらなくさせてしまうのだ。

 

やりがいのある仕事とは、仕事をすることで充実感や満足感、達成感などを感じる仕事のことであり、お金という物質的な報酬ではなく、仕事をする上で得られる感情が報酬となっている仕事がやりがいのある仕事である。

やりがいのある仕事をしているときは、感情ベースで報酬がもたらされるので、仕事の対価としてお金だけをもらうときよりも、仕事で得られる幸福度が格段に高い。お分かりのとおり、仕事で幸福度が高い人は、人生そのものも幸せで楽しいものになっていることが多い。

 

やりがいのある仕事がしたい

やりがいのある仕事とは、お金ではなく感情の部分に焦点を当てた仕事だと述べたが、それには前提として「自分の気質に合っていること」も含まれている。

たとえば、身体を動かすのが好きなのにデスクワークの仕事をしていたり、運動が苦手なのに肉体労働の仕事をしていれば、やはり仕事に対して嫌気が差してしまうだろう。機械操作がしたくて現場仕事をしているのに重い荷物を持たされたり、システム開発がしたいのにワードやエクセルでの打ち込み作業をやらされたりなど、自分の気質に合っているかどうかといった部分も、やりがいのある仕事を見つける上では重要な観点となる。

 

自分の気質に合ったやりがいのある仕事、たとえばさきほどの例でいえば、機械操作がしたくて現場仕事に入り、実際に機械操作業務をやらせてもらえれば、おそらく時間など気にせず目の前の仕事に没頭できるはずだ。

システム開発の場合も同じで、自分でWEBサービスやアプリを開発したくて、実際にそうしたプロジェクトに携わることができれば、勤務時間が長いということに縛られることなく率先して仕事をしたくなっているはずだ。もちろん、これはいくらでも残業ができるという意味ではない。

やりがいのある仕事がしたいと思ったときは、自分の気質に合っているかどうか、自分から時間を費やしてでもやりたいと思うかどうかといった観点からの視点も必要なのである。

 

「やりがいのある仕事」は幻想?

「やりがいのある仕事がしたい」と言うと、よく言われることとして「仕事はやりがいで選ぶべきではない」という意見がある。これは、やりがいのある仕事をするよりも、お金を目的にして仕事をし、仕事で稼いだお金でやりがいのあることをしたほうがいいという言い分だ。

たとえば、やりがいを優先して給料の低い仕事をしていると、仕事をしているときは充実しているかもしれないが、結局のところお金がない状態になってしまうため、人生そのものの充実感が下がってしまうということだ。それなら、仕事は仕事で割り切り、多少嫌なことがあったとしても給料がいい仕事に就き、そうして稼いだお金で人生でやりがいのあることを自由にやったほうがいい。

 

たしかにこれは説得力がある話である。人生にはお金は必要不可欠だし、仕事でやりがいを感じていれば給料がどれだけ低くてもいいというわけではない。

しかし、現代人の多くは今の自分の仕事に不満を抱いており、できることなら働きたくないとさえ思っているはずだ。つまり、お金のために仕事をしようがやりがいのある仕事をして実生活に多少の不満が生じようが、どちらにせよどこからしに不満は生まれてしまうのだ。

 

それなら、自分でコントロールすることができない仕事に対する不満よりも、多少給料が低くても自分の考え方や行動次第で不満を和らげることができる実生活に対する不満を抱えたほうが、全体的に見ると幸せなのではないだろうか。

仕事はやりがいで選ぶべきではないという人は、ただ今の自分が仕事にやりがいを感じていないからこそ、やりがいを求めて仕事をするべきではないと批判しているだけに過ぎないのだ。



やりがいのある仕事の見つけ方

自分にとってやりがいのある仕事とは何か?と考えるときに大事なのは、SNS上で自分の仕事をアピールしている人たちの言うことに目を向けるのではなく、自分と徹底的に向き合うことである。

自分と向き合うと聞くと、なんだか胡散臭い自己啓発本っぽく聞こえるかもしれないが、自分と向き合わずして自分にとってやりがいのある仕事が見つかるはずがない。性格も価値観も好きなことも違う他人が仕事にやりがいを感じていたとしても、自分にとってはお金をもらう仕事以上に感じられないことも多いのだ。

 

実際、自分と向き合うことはとても苦痛であり、めんどくさいことである。しかし、誰もが自分のことをわかっているつもりで、実際には何一つわかっちゃいない。好きだと思っていたことが実は嫌いだったり、得意だと思っていたことが不得意だと後になって気づくことも少なくない。人は自分のことを自分で思っているよりも理解していないのだ。

そうした、自分が自分のことを理解している気持ちと実際に理解していることのギャップこそ、仕事の選択において間違った決断を下してしまうのだ。それでは自分にとってやりがいのある仕事はいつまで経っても見つからないだろう。

ここからは、私が実際に実践した方法を交えながら、やりがいのある仕事の見つけ方についてまとめていく。

 

没頭できることから見つける

やりがいのある仕事をしている人、自分に合った仕事をしている人は、時間にとらわれずに常に自分の仕事に没頭している。「気がついたらこんな時間だった」というように、目の前の仕事に常に没頭しているので「はやく終わらないかな~」といった気持ちになることが少ない。

そこには「やらされている」という認識もなければ「やらなければいけない」というものもない。あるのはただ、「やりたいからやっている」「楽しいからやっている」「好きだからやっている」という感覚だけである。こうした感覚は、やりがいのある仕事を見つけるためにとても大切なものだ。

 

自分は何に楽しさを感じ、どんなときに幸せを感じるのか。何が好きで、何がやりたいのか。時間を忘れて没頭できるのはどんな時か。やりがいのある仕事を見つけるきっかけは、自分の感情の動きを知ることである。

普段の自分をジックリと観察し、振り返ってみると、自分が何に夢中になっているかが少しずつわかってくるはずだ。そうした没頭できることと仕事を結びつけ、できる限り似たような感情を感じられる仕事を探してみるのがいいだろう。

 

没頭状態とやりがいを感じている状態は非常に似ているものであり、やりがい=没頭といっても過言ではない。やりがいのある仕事を見つけたいときは、自分の没頭している状態を探してみよう。

 

楽しいと感じることから見つける

これはさきほどの、時間を忘れて没頭できることにも関連していることだが、自分がやっていて楽しいと感じることから仕事を考え、できるだけそうした作業に近い仕事を選択するという方法論だ。

誰だってやっていて楽しいと感じることが何か一つはあるだろう。ゲームをしているのが楽しいと感じる人もいれば、体を動かしているのが楽しいと感じる人もいる。あるいは、人と接することに楽しさを感じる人もいれば、一人モクモクと単純作業をこなすことに楽しさを感じる人もいる。

 

一人ひとり楽しいと感じるポイントが異なっていれば、一人ひとりどんな仕事に楽しさを感じるのかも異なる。そのため、やりがいのある仕事を見つけるには、他人が楽しい、おもしろいと語っている仕事ではなく、自分がやっていて楽しいと感じたことから仕事を考える必要がある。

最近はSNSによって仕事や働き方に関する情報が溢れているが、そうした意見は他人が主観的に語っているものに過ぎず、自分がその仕事を楽しいと思うかどうかは別の話である。にも関わらず、多くの人は他人の仕事の話に耳を傾け、自分もそんな楽しい仕事がしたいと思い、自分の気持ちと向き合うことなく仕事を選択してしまう。

自分にとってやりがいのある仕事は、他人の話の中にあるのではなく、自分の心の中にしかないことを肝に銘じておこう。

 

仕事ではなく働き方から見つける

やりがいのある仕事と聞くと、どうしても「仕事内容」に目が向きがちになってしまうが、やりがいのある仕事を見つけるには「働き方」からアプローチするのもおすすめだ。

というのも、仕事内容で考えると、ある程度自分ができる仕事という枠組みの中から仕事を選択してしまうため、やりがいのある仕事の定義が自然と狭まってしまう。

 

これでは本当にやりがいを感じる仕事ではなく、自分ができる範囲の仕事の中でのやりがいのある仕事を選ぶことになってしまう。しかし、自分に合っているやりがいのある仕事というのは、なんの枠組みにも束縛されない自由な選択肢にあるものだ。そうした選択肢を広げてくれるのが、働き方から仕事にアプローチする方法なのである。

今では働き方は多様化しており、誰でもフリーで仕事ができる時代になっている。インターネットさえつながっていれば、誰でもカフェで仕事をすることができ、自宅から一歩も出ることなく仕事をこなして生活費を稼ぐことも可能だ。こうした、自分が求める働き方から仕事にアプローチすることで、自分にとってやりがいのある仕事が、自由に時間をコントロールできる働き方なのだと気づくことも多い。

 

やりがいのある仕事とは決して「仕事内容」だけに限らず、「働き方」も含んだものである。仕事内容にとらわれることなく、自分に合った働き方を考えることで、自分にとって本当にやりがいのある仕事が見えてくることもあるのだ。

 

とりあえずやってみる

最近は空前の副業ブームといっても過言ではないぐらい、多くの会社員が副業について興味を持っている。それに伴い、企業や会社でも副業を解禁する声が多くなってきており、本業以外に収入を確保しておくことの重要性がネットを中心にどんどん広がってきている。

実際、やりがいのある仕事を見つけるときには、いきなり本腰を入れて探したりするよりも、まずはなんでもやってみてから探すほうがいい場合もある。

 

たとえば、自分にとってやりがいのある仕事がプログラミングだと思ったときは、いきなりIT系の会社に入るのではなく、クラウドサービスで外注されている簡単な仕事を実際にやってみてから決めるという具合だ。

もちろん、肉体労働系の仕事の外注はネット上にはないため、体を動かす仕事がしたい場合は転職して挑戦してみるしかないが、自分が本当に体を動かすのが好きかどうかは、仕事が終わった後の余暇の時間の使い方を考えてみればある程度わかるだろう。家に帰ってきて一歩も動きたくない、なにもしたくないと感じるのであれば、あなたにとって肉体労働はきつくつらいものになる可能性が高い。

 

やりがいのある仕事を見つけるときには、まずは今の仕事の合間にとりあえず軽くやってみるのがおすすめであり、片手間でできないことであれば、普段の自分のライフスタイルと照らし合わせて考えるようにすれば、やりがいのある仕事から逸れることはないだろう。

 

【まとめ】やりがいのある仕事を見つけるには行動力が大事

やりがいのある仕事を見つけられるかどうかは、あなた自身の行動力にかかっている。やりがいのある仕事は自然とあなたの前に現れるわけではなく、自分で積極的に行動して見つけるものなのだ。

行動せずにいつかやりがいのある仕事に出会えると思っていては大間違いだ。人生は短い。自分でやりがいのある仕事を探さなければ貴重な時間を無駄にしてしまうだけである。

 

最近は「好きを仕事にしよう」というキャッチコピーが色々なところに溢れているが、なんの考えもなしに漠然と「好きな仕事をしたい」「やりがいのある仕事がしたい」と考えていても、他人に影響された「やりがいを感じそうな仕事」「自分が好きそうな仕事」しか見つからないだろう。

さきほども述べたように、やりがいのある仕事を見つけるには、他人の意見ではなく自分の心と向き合う必要があるのだ。

 

今まで自分と真剣に向き合ってこなかった人は、中々やりがいのある仕事が見つからないとは思うが、諦めずに真剣に考え続けることで、いつかは必ず自分に合った本当にやりがいのあることが見つかるはずだ。

そうすれば、後はその気持ちをベースに仕事を考えていくことで、自然とやりがいのある仕事と巡り合えるだろう。

 

おしまい。








コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です